ヴァイオリニスト 横山俊朗

入り口

東京音楽大学附属高等学校を経て東京音楽大学卒業。その後NHK交響楽団に入団。
東京音楽大学附属高校在学中に、日本学生音楽コンクール東日本大会第3位入賞する。

1983年、NHK洋楽オーディション合格、読売新人演奏会出演。
ヴァイオリンは、松本善三、田中千香士、両氏に師事。
田中千香士合奏団メンバー。
N響メンバーによるアンサンブルグループ、「アンサンブル・クラルテ」の第一ヴァイオリン、そしてそのアレンジを担当。「アンサンブル・クラルテ」では20063月にNHK-FMの放送番組「FM日曜クラシックスペシャル」に出演、好評を博す。
1992年より東京音楽大学・同附属高等学校で後進の指導にあたる。また、上智大学ソフィアフィルをはじめ、数多くのアマチュアオーケストラの指導と共にコンチェルトのソリストとして協演。またソロ活動も多数行う。
20065月に「ヴァイオリン小品集」のCDをリリース。
200712月に「アンサンブル・クラルテ」のCDをリリース。
現在、NHK交響楽団、第2ヴァイオリンのフォアシュピーラーを務める。

NHK交響楽団
友人の水墨画家さん
内田百音さんです。
アンサンブルクラルテ